今日、希望のタネを蒔きました

療育現場の所長日記です。

SNSなんか怖くない?

友達やママ友のSNSを見るのが辛いんです…。
見なければいいのに、ついつい開いてしまって…。

Aちゃんは旦那さんの家族とバーベキュー、楽しそう。

Bちゃんは、バリバリのキャリアウーマン。
(何気に写り込んでいる)バッグ、ステキだなあ。

Cちゃんはいつも手の込んだお料理を作っているなあ。
私の手抜き料理なんか載せられない・・・。

Zさんは、今にも泣きだしそうな顔で訴えます。

まあSNSというものは、日常生活の中で、写真写りのよい場面を切り取って載せているので、実際の中身はわかりません。

Aちゃんは良き嫁を演じるため、全部の準備を引き受け、バーベキューなど一口も口にしないまま、憮然とした顔で後片付けをしていたかもしれません。Bちゃんは夫の女性関係に悩みつつ、メル〇リで手に入れたバッグを片手に、生活のため、心身に鞭打って働いているのかもしれません。
手の込んだ料理だって、買ってきたお惣菜をちょっとめずらしい皿(ダイソーに行けばあります)に並べたら、あっという間に完成です。

という(あくまで)可能性もあるのですが、Zさんの顔は晴れません。

私に「先生が先日、載せていたホットケーキだって・・・」とおっしゃるのでひとこと。f:id:ashikatan:20210829214834j:image

最後の1枚、実は裏は真っ黒です。
もちろん、表しか写しませんけどね(笑)

コロナが私にくれたもの

原曲に気づかれた方は、
ぜひ、曲に合わせて替え歌をお楽しみください(世代がバレる…笑)。

コロナが私にくれたもの♪
完全予約の心地よさ

コロナが私にくれたもの♪
決めることの難しさ

コロナが私にくれたもの♪
見極めることの大切さ

コロナが私にくれたもの♪
無駄風習の仕分け技(ワザ)

コロナが私にくれたもの♪
電子書籍のおもしろさ

コロナが私にくれたもの♪
おうち時間の使い方

コロナが私にくれたもの♪
価値観 はかるリトマス紙

コロナが私にくれたもの♪
不要不急が合言葉

君がいなかったら〜 
もっと自由だった

だけど今この時代(とき)に 
生まれた意味はなに?

ウイルスよりも怖いもの
気づかせて くれるために?

f:id:ashikatan:20210904124303j:plain

ウイルスよりも怖いもの?
コロナをめぐる人々の混乱、利権争い、マスコミ情報の氾濫。
何より、寛容性を失くした人たちが、不公平には徹底的に声をあげる姿・・・。

 

 

 

手探りの子育て

ある日、定期検診の予約を入れていました。
夏休みも取っていなかったので、午前中もお休みして、午後から行くつもりにしていたのですが…。

運悪く、夜中に近隣の家族喧嘩(余談ですがここは日常茶飯事!)に起こされ二度寝
当然のごとく、睡眠リズムが狂い、目覚めと共にやってきたのは、吐き気を伴う片頭痛
服薬のタイミングが合わなかったのか、薬が全く効きません。
仕方なく、検診はキャンセルし、一日中、寝込むという最悪の休日になってしまいました(´;ω;`)。

そんな中で読んだ1冊です。

f:id:ashikatan:20210829090625j:plain先日も、子育て支援広場でお話させていただいたのですが、以前なら「〇〇高校、△△大学に入れ、××に就職」すれば、それなりの未来は約束されていました。
しかしこの混沌としたご時世、どのルートを選んでも「絶対」という保証はなくなり、親は全くの手探りで子育てせざるを得ません
そんな世の中だからこそ、この手の本が出てくるのもわかるような気がしました。

解説はネタバレになるのでひかえますが、私見としては納得できる部分が55%、そうは言っても・・・の部分が45%でしょうか。

ただ一つ言えるのは、たった一日の休日さえ、やんごとなき事情で思い通りにならないのに、何年も先を見越しての教育というものは、本当に大変な営みであるということを再認識させられた1冊でした。

お盆連休があけた今週は、なんとなく心が重たい週でした。

降り続く雨、増え続けるコロナ、人々の気持ちもイライラしているのが垣間見える今日この頃…

f:id:ashikatan:20210821171141j:image

ふと空を見ると夕焼けに虹がかかっています。そう言えば誰かが「虹を見たければ雨を我慢しなくてはならない」と言っていたなあ…

私の心に虹がかかるためには、何を我慢したらいいんだろうか?

そんなことをつらつら考える週末です。

ワクチン接種体験記#2回目

前回のワクチン接種は、この記事の後、発熱や腕の痛みもなく、副反応か持病かわからない頭痛に服薬しましたが、日常生活に支障はありませんでした。
さて今回はどうなるのか…。

ashikatan.hatenablog.com

折しもトリプル台風がくる前日、前回と同じ医療機関で個別接種。
頭痛は必須と覚悟し、低気圧による頭痛か副反応かわからない場合、片頭痛の特効薬は使えるのか、やはり2回目は発熱するのか?などを問診時に確認しました。
医師に「はい、大丈夫ですよ~。普通の暮らしをしてくださいね。辛い時は、いつもつかっているお薬なら使ってください。2回目は云々と言っても、個人差ありますからね~。ちょっと皆さん、騒ぎすぎてますよね~。何かあったらお電話ください。」と言われ、看護師さんに「で、どうされますか?」と聞かれたので、お願いします・・・と答えた途端、アルコール綿で消毒され、接種は無事、終了しました。
痛くはないけど、前回に比べたら、打ったという感覚はあったなあ・・・。

1回目は待機時間からしんどくなり、すぐに早退しましたが、今回は普通通り、定時まで勤務。以下、接種後の経過です。

3時間後
なんとなくだるい。

6時間後
帰宅時、運転する腕にだるさのような違和感。

9時間後
熱はないが、身体がポカポカしてきて、だるさが増強。

12時間後 
接種した腕に筋肉痛。かすかな頭痛。
目覚めて動けなくなったときのためにカロナールと、それが効かなかったときのために、ロキソニン、胃を守るために、胃薬を用意。万全を期して就寝。

f:id:ashikatan:20210806230007j:image

21時間後 
起床後、身体は熱いが36.5度。
熱が出る直前に味わう全身の筋肉痛のような痛み。
この程度なら我慢できる。

23時間後 
あれ?おかしい!
全身の痛みに気づいた時には37.2度。

24時間後
何?この痛さとだるさは!?
この時点で37.4度。
もう限界とカロナール600㎎を服用。

その後は寝たり起きたりを繰り返すが、かなりのしんどさ(´;ω;`)
この熱でこれだけの苦しさなら、現在、入院できないとされているコロナの軽症患者になっても、間違いなく死を覚悟するだろうなあと考えながら、うつらうつら・・・。

32時間後
37.2度。苦しさは変わらず、ロキソニン120㎎を追加。
さすがは特効薬!1時間ほどで36.5度に落ち着き、起き上がることができた。
明日は楽になりますように。

45時間後
36.2度。起床すると、昨夜の痛みは消えていた。
多少、身体は熱い気がするが、普通に動くことができる。
接種した腕がポカポカするので、保冷剤をまくと気持ち良い。
でも、巷で言われているような「腕が上がらない」という症状はなく、普通に動かすことができる。

~まとめ~ ※あくまで私見
・副反応は1回目より2回目の方が強く出た。
・熱の程度は人それぞれ(私は最高でも37.4度)だが、微熱だから楽であるとは限らない。
・副反応は接種直後より、1日~2日がピークのため、接種の翌日は必ず休む。
・副反応がでてきたら迷わず服薬。
・腕の痛みは、冷えピタより、保冷剤を少し柔らかくして(固いと肌に触れたとき痛いし、うまくフィットしない)ハンカチで巻き付けた方が気持ちよい。

追伸
元気になってから、ずっと気になっていることがあります。
それはこの微熱の中で見た夢がかなり、リアルだったこと。
普段は、夢かなあという感覚があるのですが、この間に見た夢は、現実との区別が一切つかず、目が覚めたときは、ホッとしました。
こんな副反応?は聞いていない・・・。

ワクチン接種体験記#1回目

いろいろ思うところはありますが、コロナに対抗するため、1回目のワクチンを接種しました。

かかりつけ医に、何度も痛くないか、副反応の対処はいかに?と確認し、もしもの場合に備え、対処薬を用意し、万全の体制で臨んだ結果を、今後、摂取される方の参考になればと思い、記録しておくことにしました。

まず、接種機関に来院。検温、問診票と身分証明、摂取券提出を行いました。個別接種なので、スムーズで尚且つ丁寧なやりとりです。

診察室に呼ばれ、再度、いろいろなことを確認されました。持参したお薬手帳に記されている鎮痛剤を指さされ、「熱が出たら、これを使ってくださいね。」と助言をいただき、いよいよ接種です。「利き手じゃない方を出してください。」と言われ、医師に差し出すと、「こっちですよ^_^」と反対側の看護師さんに声をかけられました。ぐるりと椅子を回転させ、「だら〜っと力抜いてください。」と言われた瞬間、「はい、終わりました!」

えっ⁉︎全然、わからなかったなあ…。

待機時間は15分。一緒に行った先生方は、打った手に何となく違和感が…とおっしゃっていましたが、すでに私はイヤな予感。まず、打った箇所が熱をもってきたのがわかります。さらに、全身がぽかぽか…。これはくるなあ( ;  ; )

職場に戻り、子どもと一緒に給食を食べていると、ふわふわしてきました。先生、あのね〜の声が、エコーのように聞こえます。

これはまずい、運転できる間に帰らなくては!と荷物をまとめ、大慌てで帰路につきました。帰りにドラッグストアで、飲み物、パン、おやつ(о´∀`о)を手に入れ、家に着くなりバタン。そのまま1時間くらい寝ていたようで、記憶がありません。

目が覚めると、軽い頭痛と手を持ち上げた際の痛みが強くなっていました。ただ、普段から肩こりと片頭痛は持病のため、耐えられないほどではありません。薬をのむか否か←イマココ。

f:id:ashikatan:20210716191550j:image

模様替え

先日、これまた諸事情でカウンセリング室の配置を変えようと思い立ちました。
レイコーナーを奥にしようかな、いやいや事務机と相談コーナーを分離してみよう、などいろいろ考え、椅子や机、箱庭の棚などを動かしてみたのですが、どれもしっくりきません。
格闘すること30分…。結局は元の鞘に収まり、疲れと手の痛みだけが残るというオチです( ;  ; )

f:id:ashikatan:20210622222319j:image

f:id:ashikatan:20210622222335j:image

試験では、最初に書いた答えを変えないという不文律がありますが、いつも書き直しては失点するということを繰り返す私…。

今回の模様替え(…の失敗?)でも、同じことをしたような気がします。諸説ありますが、私の場合、何事においても、最初のカンが当たるらしい。

しばらくは、この配置にしておこう(^^)。