今日、希望のタネを蒔きました

療育現場の所長日記です。

告知①

夏休みなしで突入した9月、左首下にピリッとした痛みが走るようになりました。
心なしか反対側より腫れています。
湿布を貼ったり、抗生剤を服用したりしましたが治まりません。

これは歯か?と思い、歯科に行くことにしました。
意外と歯は丈夫で、普段は定期健診時しか受診しないので、ドキドキ…。
レントゲンを撮り、あちこち触れて診察してくれましたが、虫歯ではないとのこと。
でも痛いんです!首が腫れて・・・と説明すると、噛み合わせの問題だろうとのことで、調整してくれました。

虫歯でないならばと、ほっとしたのも束の間、よくなる気配はありません。
それから2回ほど噛み合わせの調整に通いましたが、改善せず、ついに歯の詰め物が動いているような気がしてきました。

次に行ったときにそれを伝えると、衛生士さんに「もしかしたら歯が割れている可能性がありますね。」と言われ、「!?」。

歯の治療など何年もしたことがありません。
ましてや、割れているとなると、どんな治療が必要なんだ!?と恐怖で真っ青になりました。
しばらくしてやって来た歯科医に、「これは・・・割れている可能性がありますね。この歯は神経を抜いているので、割れていたら抜歯して、インプラントかブリッジか、入れ歯かを検討する必要があります。」と告知され、もう恐怖は頂点に達していました。

「それって大手術ですか!?」と震えながら聞いてみると、「いや、それほどではないのですが・・・。まずは、歯の状態を診断しないといけないので、詰め物を外し、割れているとしたら、その部分を外します。まあ、不便ながらも様子を見られる方もいますし。どうしても決心がつかないなら、今日はお帰りになって、決心がついてから来られてもいいですよ。」と言ってくれました。

さて、どうするか・・・。

f:id:ashikatan:20221002110902j:image

こういう感覚かぁ…

先生が出した課題(ドリルやプリントなど)が終わった子から、休み時間!」は苦手、いつも最後になってしまうし、心臓がドキドキするというAちゃん。
Aちゃんは利発で、成績も悪くないお子さんです。
何が原因だろう?と考えていた矢先のこと。

少し前のお話です。
ある日、久々にzoom研修を受けました。
某業界では、数年待ちが当たり前で、申し込んだことすら忘れるくらい長い期間、待たされることが常識と言われている超プレミア研修

f:id:ashikatan:20220619153320j:image

ということで、仕事を切り上げ「会議中」プレートを貼り、カウンセリング室を施錠電話線を引き抜き、子機は事務所で預かってもらうという、周到な準備の下、zoom接続とここまではよかったのですが( ;  ; )

始まって10分で異変が起きました。
まず、頭痛、その次に吐き気…。
出席確認のため、常時カメラオンなので、離席もできず、意識が朦朧。
限界の手前で、休憩兼質疑応答の時間になったので、そのまま席を立つことができました。

それからは、少し元気になり、なんとか最後までがんばれたのですが、問題はその後!
確認テストを行うので、オンライン回答を…という指示があり、さらに全部正答するまで、何度でも取り組んでくださいとのこと。

まあ何とかなるだろうと、フォームを開いたものの、ハテナが頭を駆け巡ります。
おそらく、講義を聞いていればわかる内容なのでしょうが、上記の理由で前半の話は頭に入っていません。
どこに書かれているのかもわからず、資料をめくるにも時間がかかり、冷汗が出てきます。
何より、17時には席に戻ると約束し、私の仕事を代わりにこなしていただいている先生のことを思うと、頭がパニック状態になりました。

さらにこんな時あるあるで、問題の読み間違いや解釈違いで、エラーが続きます
フォームの特徴上、誤答だけをやり直すことはできず、1つでも間違えると、最初から回答することになりますが、初めの回答をメモしておく…という当たり前のことにも頭が回らず、何回も同じことを繰り返し…。
全問正答した頃には、随分、時間が経っていました。

体調不良はハプニングとしても、あの時間に追い立てられる焦りAちゃん、これはしんどいね…。

週末

1週間が終わり、支援センターの鍵をかけて、ふと見上げた時の空です。

f:id:ashikatan:20220918004822j:image

空の写真を撮ることが趣味の姪を思い出してパチリ。
早速、送信すると、「(姪が住む町)と同じ色!」という返事がきました。

遠い街も国も、空でつながっているという、当たり前のことを思い出した瞬間に、詠み人知らずの一句

今日こそは 早く帰ると決めたのに
残っているかな割引商品

 

専門用語

以前、「社会的養護」という科目の講義を担当したことがあります。
簡単(ではないかも?)に説明すると、「保護者がいない子どもや、保護者が養育することが難しい子どもを、公的責任で社会的に養育するシステムや支援の方法」という内容ですが、なかなか組み立てが難しい科目です。

まず、あまり専門的に取り組んだ分野でないことに加え、身近に経験することがない領域のため、上澄みだけをすくった講義になっていないか、いつも不安でした。

今回、読んだのはこの小説。
発達障害、虐待を受けたことによるトラウマや問題行動、愛着障害スマホなど現代社会ならではの課題、義務教育を終えた後の施設居住、社会の偏見などなど。

これらの用語を使わず、あくまで「施設の生活」の中でさらっと描かれていて、読みやすい内容でした。子どもと関わる職業やそれを目指す学生さんたち、子育て中の方にオススメの1冊です。

f:id:ashikatan:20220820135753j:image

 

 

 

 

戦争とコロナ

「もうええ…としか、思わんかった。最後はもう、◯◯子とふたり、逃げもしなかった。」

終戦間近、空襲警報が鳴り止まぬ夜。

避難の意欲もなくした祖母は、当時4歳だった父の姉を抱いて布団の上で、そう感じたと、生前何度も話してくれました。

「相手は飛行機、敵兵が来たら、竹槍でやーっと突き刺すなんて、私みたいに学(歴)のない者も含めて、みーんな、どう考えてもおかしいと知ってたけど、言い出せないあの雰囲気、可笑しかった。」

飛行機や竹槍とはちょっと違うけど、今も同じような雰囲気が漂うと思うのは、気のせいであってほしい。もの言わぬ墓石に手を合わせながら、そんなことを考える制限がない夏。

f:id:ashikatan:20220814075724j:image