今日、希望のタネを蒔きました

療育現場の所長日記です。

『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』を再考する

人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ

大学時代、初めてこの文章を目にしたとき、幼児教育はなんてすごい仕事なんだろう!と感動したことを覚えています。学生の頃はレポートにも何度か引用させていただいていました。

その後も「人生に必要な知恵は、すべて幼稚園の砂場で学ぶ」というフレーズは保育者養成校や初任者研修で、よく使われているようですが、私が保育学生の講義を担当するときは、使いません。保育士や幼稚園の先生が子どもたちの人間形成に関わる大切な仕事」ということに異論はありませんが、この本全体の趣旨を理解せず、この言葉だけを切り取って、保育者の「やりがい」を強調することに、疑問を感じるからかもしれません。

f:id:ashikatan:20210612134319j:image

先日、またこの本を手にする機会があり、再読しています。
保育者養成の資料としてではなく、生活の中でこんな気持ちを大切にできたら、生きやすい世の中になるだろうなあ・・・。

人間、どう生きるか、どのようにふるまい、どんな気持ちで日々を送ればいいか。
本当に知っていなくてはならないことをわたしは全部残らず幼稚園で教わった。
人生の知恵は大学院という山のてっぺんにあるのではなく、幼稚園の砂場に埋まっていたのである。
わたしはそこで何を学んだろうか。

・何でもみんなで分け合うこと。
・ずるをしないこと。
・人をぶたないこと。
使ったものは必ず元の場所に戻すこと
・ちらかしたら自分で後片付けをすること。
・人のものに手を出さないこと。
誰かを傷つけたらごめんなさいということ
・食事の前には必ず手を洗うこと。
・トイレに行ったらちゃんと水を流すこと。
・焼きたてのクッキーと冷たいミルクは体にいい。
・釣り合いのとれた生活をすること。
 毎日少し勉強し、少し考え、少し絵を描き、歌い、踊り、遊び、そして少し働くこと。
・毎日、必ず昼寝をすること。
・おもてに出る時は車に気をつけ、手をつないではなればなれにならないようにすること。
不思議だな、と思う気持ちを大切にすること
カップにまいた小さな種のことを忘れないように。
 種から芽が出て、根が伸びて、草花が育つ。どうしてそんなことが起こるのか。本当の所は誰も知らない。でも人間だっておんなじだ。金魚もハムスターもはつかねずみも、カップにまいた小さな種さえも、いつかは死ぬ。人間も死から逃れることはできない。
・子どもの本で最初に覚えた言葉を思い出そう。
・何より大切な意味を持つ言葉。「見てごらん

ロバート・フルガム著より

 



ネガティブな要素

少し前、大手賃貸アパート会社が行った「住み続けたい街ランキング」の結果、47都道府県中、香川県は1位だったとか。

母集団の偏りはあるでしょうが、自分の居住地がランキングされるのは、なんとなくうれしいものです。コンパクトで手に届くところになんでもある、人が穏やか、温暖、災害が少ない、自然が豊か…など、まあ頷ける理由でした。

f:id:ashikatan:20210516193700j:image

でも調査の担当者が分析した、香川県の平均値が高い理由もなかなかユニークです。「すごくいいところがあるわけではないけども、逆にすごく不便なところもない

現在、いろいろな場面において、長所児活用型が重視され、得意なところを伸ばすという話はよく聞きます。
しかし、トータル的な「生きやすさ」を考えた場合、苦手なことが少ないということは、まだまだ捨てがたい要素なのかもしれません。


 
 
 
 

おうち時間

先日、「昭和レトロ喫茶特集」という記事を見つけました。
おいしそうなプリンやホットケーキ、ナポリタン、オムライスが載っています。
思わず、食べたい!と思いましたが、このご時世、県外渡航は難しいので、作ってみることにしました。

第1弾は、ホットケーキ
f:id:ashikatan:20210516085910j:image

最近はパンケーキブームで、昔ながらのホットケーキは見かけなくなりました。
昭和レトロ風にするには、この色と厚みがポイントで、外はさっくり、中はふんわりした触感に仕上げるのがコツだとか。

というと、すごく難しいスキルが必要だと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。「みりん」を追加すること、材料の混ぜ方、フライパンに油類をひかないことくらいでしょうか。

人間の作ったものなら、人間なら作ることができる
祖母の懐かしい言葉を思い出しながら、いただきます( ´艸`)

 

24時間、戦えますか?

あるドラッグストアでレジ待ちをしていると、棚のドリンク剤が目に入りました。

私が疲れた顔をしていたのか、すかさず店員さんが寄ってきて、何かお探しですか?と声をかけてくれます。正直、この類の商品に関しては、かなりの種類を人体実験済みなので、改めて説明を聞く必要性は感じません。

しかし、新商品だとか業界初の〇〇だと言われるので、つい手が伸びてしまいました。

f:id:ashikatan:20210508093510j:image

翌日、職場に持って行き、周囲にいた先生に昨日の経緯をお話ししました。そして「セットで買ったから、疲れたら飲んでいいからね。」と言った後で、あっと気づくのです。

「疲れたらこれ飲んでがんばって!」ではなく、「疲れたら早く帰って休んでね。」の方が正しいんだろうなあ…と。

学校が変わるとき

今年3月、文部科学省が始めた「#教師のバトン」をご存知でしょうか。

f:id:ashikatan:20210503152357j:image

現場の教員を対象に、働き方改革の好事例や仕事の魅力などをSNSに投稿してもらうというもので、社会に現場の声を届けようとする企画です。

全部には目が通せていないのですが、残念ながら「仕事の魅力」には遠い内容が多いように思われました。

残業超過やうつ病、休みがとれない、保護者の要求が高すぎるなど、(事実だとしても)これが拡散されたら、ますます教員不足が加速するでしょう。

早急に改革を!と息巻く文科省に対して、友達の大半が教師になり、教員免許を持ちつつ、教職に就かなかった大学院生は、冷めた目でこうつぶやいていました。

社会はコロナくらい大きなことがないと、変わらないし変われない。とくに変われないのが学校。みんなが無駄だと感じていた卒業式の来賓挨拶、コロナでやっとなくなった。でも、連絡網も紙の手紙もアンケートもまだまだなくならい。変わることが何より苦手な学校が変わるのはいつのことになるやら…。

 

ラン活

先日、親戚のお子さんがランドセルを見せてくれました。おじいちゃんがプレゼントしてくれたというそのランドセルは、淡い水色で素敵な刺繍模様がついています。有名ブランドのロゴが入っており、値段は6桁に限りなく近い…とのことで、祖父母も大変だなあと思った次第です。

f:id:ashikatan:20210501120238j:image

同じ頃、友達からラン活に行った話を聞きました。来年、小学校に行くAちゃんは、うれしそうに話してくれます。

「あのね、Aちゃんはピンクがいいの。ピンクのね、〇〇(ブランド名)がかわいくて…。でもね、ママはキャメルがいいよって言うの。」

すかさず、そばにいた友達が口を挟みます。

「ピンクは小さい時はいいけど、6年生になったときはさすがにね…。6年間使うから、先を見越さないと。」

赤と黒しかなかった時代の人間からすると、うらやましいですが、選択肢が多いのも大変ですね。

でも少し考えてみると…

そもそもなぜ、ランドセルは6年間使うことが前提なんだろう?
色の好みも変わるし、必要な機能も変わります。
今回のコロナ騒動では、タブレットを配布する学校が増え、それが入る場所が設定されたランドセルもあると聞きます。
タブレットを持ち歩くなど、6年前どころか2年前でも想像できません。
時代の移り変わりが激しいこの時代、6年後を見通すというのは、なんとも難しい。

私ならば…

値段も安くて気軽に買い直せるランドセルがほしいです。不謹慎を承知で言うと、明日のこともわからないこの時代、「6年後も使えるもの」ではなく、「今ほしいもの」を買いたいです。

笑顔のおクスリ

またまた、顔がひきつる季節がやってきました。

若かりし頃、これからの心理職に必要なものは「笑顔と勇気」と教えられ、心がけているつもりですが、積まれた書類やメモを見ると、イライラメーターがレッドランプを点す…(笑)

何事も早期の対処が必要なので、調合してみました。

f:id:ashikatan:20210421105046j:plain

たくさん用意しましたので、お疲れの際には、お声がけください。