今日、希望のタネを蒔きました

療育現場の所長日記です。

学校が変わるとき

今年3月、文部科学省が始めた「#教師のバトン」をご存知でしょうか。

f:id:ashikatan:20210503152357j:image

現場の教員を対象に、働き方改革の好事例や仕事の魅力などをSNSに投稿してもらうというもので、社会に現場の声を届けようとする企画です。

全部には目が通せていないのですが、残念ながら「仕事の魅力」には遠い内容が多いように思われました。

残業超過やうつ病、休みがとれない、保護者の要求が高すぎるなど、(事実だとしても)これが拡散されたら、ますます教員不足が加速するでしょう。

早急に改革を!と息巻く文科省に対して、友達の大半が教師になり、教員免許を持ちつつ、教職に就かなかった大学院生は、冷めた目でこうつぶやいていました。

社会はコロナくらい大きなことがないと、変わらないし変われない。とくに変われないのが学校。みんなが無駄だと感じていた卒業式の来賓挨拶、コロナでやっとなくなった。でも、連絡網も紙の手紙もアンケートもまだまだなくならい。変わることが何より苦手な学校が変わるのはいつのことになるやら…。