今日、希望のタネを蒔きました

療育現場の所長日記です。

発達支援

ゴールド免許

ある森に住むリスさんは、出不精で運転が苦手。となると、そもそも車に乗る機会が少ないので、ずっとゴールド免許の所持者でした。ある日、ふとしたミスがあり「更新されたばかりの免許証ですので、今から5年はゴールドのままですが、次回更新したときはブル…

◯◯は見た目が100パーセント!?

世の中には、いろいろな考え方や価値観があります。人それぞれ、こだわりをもつ部分も異なります。マイカー、マイホーム、結婚、進学などなど、自分なりにこだわっていても、周囲の人はそれほど興味・関心をもっていないということもよくあります。 以前から…

「慣れること」の大切さと難しさ

「事業所の生活に慣れ、楽しく過ごす。」 これは、新しく支援センターに通所し始める子どもの目標に、よく掲げられている事項です。こんな当たり前のことが目標?支援センターって、言葉やソーシャルスキルの訓練をするところでしょ?という思いの方がいらっ…

言うと言わずと…

私は管理職(心理職)という立場上、子育ての陰の部分にかかわらせていただくことがあります。 おぎゃーと元気に生まれた我が子、ごく普通に子育てしてきたのに、子どもの言葉が遅い、集団活動が苦手、友達と仲良く遊べない、発達障害の可能性を示唆された、…

エビデンスのその先は?②

前回はエビデンスの重要性について、書きました。しかし残念なことに、どれだけ研究されて導かれたエビデンスでも、世の中に絶対とか永遠はありません。 ashikatan.hatenablog.com 年末の時期、つい片付けの手を休めて、本を読んでいます。これは、今から20…

エビデンスのその先は?

ネット上で静かな話題になっているカライドサイクル(折り紙の万華鏡)を作りました。 くるくると形が変わるおもしろいおもちゃです。年明けに支援センターデビュー予定です。 ユニット折り紙は、一つひとつのパーツは単純な作りですが、組み立てになると説…

教師にだけはなりません!?③

今日は心理検査の話をしたいと思います。 以前、教師にだけはならないと決意したSちゃんについて書きました。 ashikatan.hatenablog.com ashikatan.hatenablog.com しかし彼女には、教育界でぜひとも解明しなければならないことがあったのです。 そのひとつ…

♡愛のホワイトチョコパイ♡

朝… 目的がある休日は早く起きる。「じゃあ日曜日の9時半ちょっと前に」と、先日、別れ際にした約束を思い出す。そうだ、せっかくだから、新しいバッグを持って行こう!がさごそと荷物を入れ替えるとウキウキしてきた。 しばらくして… お迎えを待っていると…

ドーナツはいかがですか? 〜手作り教材〜

療育で使う教具は、市販のものもありますが、子どもたちの課題は個々で異なりますので、手作りすることがあります。 先日、100円ショップで見つけた「ドーナツバランスゲーム」。ドーナツが崩れないように台に乗せていくという、単純なものですが、珍しく、…

秋の夜長に思うこと② 〜「障害」は「個性」!?〜

「皆さま、この飛行機はまもなく東京国際空港羽田に着陸いたします。シートベルトを今一度・・・」 何度、このアナウンスを聞いたかなあと思いつつ、ようやく目を開けます。飛行機が苦手な私にとって1時間のフライトは苦行以外の何物でもなく、ましてや気流…

教師にだけはなりません⁉︎ ②

保育者養成校では「保育・教育実習」があります。私は実習該当学年を担当していないのですが、その時期になると、学生が私を見つけては「せんせ~、この髪の色、アウト?」と口々に聞いてきます。あきらかな茶パツはさすがにいませんが、赤いといえば赤い?…

教師にだけはなりません!?

私の将来の夢は、教育や子ども関係の仕事に就くことです。 今はいじめや登校拒否(当時の呼称)、校内暴力が多く、教育現場が混乱しています。大人はいつも「子どもが先生の言うことを聞かないから」と言いますが、本当にそれが理由なのでしょうか? 前髪が…

君の人生を変えた夜

「だいじょうぶ!あなたの気持ちはわかったから!とにかく落ち着いて!」 「そんなの信用できるか!何度、オレのことをだました!?そうやって優しく近づいて、結局は自分の思い通りにするんだ!」 「そんなことないわ。私は他の人とは違う!ほら、安心して…

少子化問題を考える ~子どもの問題は親の責任!?~

とある大型書店のとあるコーナーに行くと、こんなタイトルの本が並んでいました。「賢い子に育てるコツ」「子どもの一生を決める△△の育て方」「小学校前に力がつく○○」「自分で考え自分でできる~~」「子どもの褒め方、叱り方・・・云々」丁寧に分析しなが…

奈良の風に想う② ~ホスト顔負け⁉︎~

奈良公園では、鹿がルールです。横断歩道を闊歩する鹿には、車も道を譲ります。 その先を見ると・・・。 奈良の街は知り尽くしています、ガイドブックに載っていない穴場もご案内します、などなど。夏の海のナンパかと思うほど巧みな声掛けをウオッチングす…

小さな親切は大きなお世話

とある森の中に1頭のクマが住んでいました。このクマの名は、ベア之介。彼に聞けば解決しない問題はありません。森の動物たちは、困ったことがあると、まずベア之介の所に行きます。朝いちばんに出かけて行ったのは、ねずみのチュウ子。「ねえベア之介さん…

盗んだバイクで走り・・・出さない!?

あるショットバーでの話。近戸類(こんど・るい:40歳男性、ちょっとダンディーな今で言うチョイワル系?)と島馬男(しま・うまお:21歳、さわやか系の今で言う草食系男児?)は、来週末に迫った「集会」についてミーティングをしていました。 「なあ島。も…

Aさんの想い出

「Aさんが亡くなった。」 と風の便りに聞いたのは昨日。Aさんとはもう20年以上、会っていないのですが、今でも私の心に残る素敵なお母さんの一人です。 詳しい話は省略しますが、当時、私はAさんから高校生の子どもさんの進学について相談を受けていました。…

うれしくない話

園に出入りの業者さん曰く、保育業界では特別支援教育と保護者対応について書かれた本のニーズが高いそうです。そう言えば少し前、ある団体の新採教員研修会で、先生方の悩みとして、それらがあげられていたことを思い出しました。 この手の本を開くと、とて…

答えは出せなくても・・・。

カウンセリングの現場では、Aですか?Bですか?と聞かれる場面によく遭遇します。相談業務に携わる人(心理、医療、福祉、教育など)の養成課程では、相談員はクライエントが答えにたどり着くための援助を行うようにと教え込まれますので、安易な答え方はで…

ある心理士の憂鬱②

不登校ねえ・・・。最近は、体の不調を心の不調と置き換える傾向があり、医師としても困っています。薬はイヤだ、副作用がある、医者は何でも病気にしたがると言われることもしばしば・・・。でもね、朝、起きられない理由の一つに、起立性調節障害というの…

ある心理士の憂鬱

先生、聞いていただけますか?そう、先日からお話ししている息子のことです。高校受験では志望校に点が足りず、ランクを落とした高校に進学しました。大学受験はがんばると言っていたのに、高校に入学してから週に3回ほどしか登校していません。このままでは…

なぜここに絵カード!?

療育室の棚に、トレイに載った絵カードが置かれていました。 すいか、パンダ、いちごなどカテゴリーはランダム。 じっと見ていると、子どもたちは「あいうえお表」の図に、そのカードを合わせて遊ぶことを楽しんでいました。 「療育」と言えば、絵カードを見…

「できること」は経験の量に比例して増加する。

今回の九州地方の地震に際し、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。 自然に対して、人間の無力さを改めて感じるとともに、大学時代の先輩が卒業前に悟ったと教えてくれた「人間は生きているのではなく、生かされている」という言葉を思い出しました…

してあげること、してほしいこと

(事例)星子ちゃんと月夫くんは、誰もが羨む仲良しカップル。将来は、結婚の約束もしていました。時は流れ…。二人の間には冷たい隙間風がふくようになりました。周囲から見ると些細な(悪く言えばどうでもよい)ことがきっかけでしたが、星子ちゃんは別れを…