読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日、希望のタネを蒔きました

療育現場の所長日記です。

なりたい自分になる?

社会人生活がスタートする4月。保育教育現場にも、たくさんの先生たちが入職してきます。ほんの少し前まで学生だった彼らも、4月からは「先生」と呼ばれます。多分、職場の上司からは「子どもや保護者にとっては、新採もベテランも関係なく、『先生』だ!」…